ながいかいわ

やさいのこと、くだもののこと

2日分の弁当

8月30日(金)

f:id:yucca:20130830141628j:plain台風が来てます。

大きいおむすび弁当にしました。わかめごはんと梅ごはんです。のりをちょっと炙って下の方に巻いて、持つ所をつくりました。梅干しを料理に使うと種が残りますが、それを冷蔵庫にとっておいて、溜まったらこうやって梅ごはんにします。ごはんを炊いた鍋または炊飯器の中に種を直接入れて、しゃもじでかき混ぜるだけ。周りに残った実だけで、ちゃんとした混ぜごはんになります。義母がやっていたのを真似するようになりました。

おかずは、ピリ辛ケチャップウインナー、ミニトマト、シャインマスカット、おくらのごま和え、ゴーヤ入りポテトサラダ(カレー風味)、仕切りにセロリのはっぱ。

ところで"おむすび"と"おにぎり"の違いは形状、という説があります。三角になっているものが"おむすび"、俵型や丸いのは"おにぎり"と呼ぶのだそうです。

8月29日(木)

f:id:yucca:20130830141705j:plain残り物弁当。前日の晩ご飯をさぼってスーパーでお惣菜を買ったので、その残りの揚げ物と、常備菜を詰めました。

玄米(押し麦入り)、揚げ春巻き、鳥天、たたきごぼう、ミニトマト、ゴーヤの甘酢漬け、仕切りにセロリのはっぱ。ふりかけも付けました。

そう言えば鳥天って、九州に来てから知った食べ物でした。鶏肉を天ぷらにするんです。鶏肉で揚げ物というと、唐揚げかフライが当たり前と決めつけていました。そうだよ別に天ぷらにしたっていいんじゃないか、あっはっはー、と思ったのを覚えています。大分の郷土料理らしいです。おいしいです。