ながいかいわ

やさいのこと、くだもののこと

今日の弁当

f:id:yucca:20130903145541j:plain結婚する前は名古屋の商社で働いていました。会社の近くでひとり暮らしをしていたので、節約のためにお弁当を作っていました。

その頃は料理が大嫌いで、晩ご飯に作った麻婆豆腐の残りとごはんだけを詰めるとか、朝茹でたそうめんと市販のめんつゆを瓶ごと持って行くとか、適当この上ないものでした。ごはんと皿とレトルトカレーを抱えていって、給湯室にある会社の共用電気ポットの中で内緒で暖めるという、大胆な日もありました。野菜はゼロです。

それらを恥ずかしげもなく同僚の前で広げていましたので、いつからか私のお昼ご飯は"男の弁当"と呼ばれるようになり、見物客も出来て社内でちょっと話題になりました。見物客の一人が会社を辞めフランスへ留学した時には、ノートに毎日こつこつと男の弁当の絵を描きため、エアメールで送ったりもしました。

それはそれでとても楽しいお弁当の時間でしたが、今は自分以外の人の健康を預かっているので、おかしな男気は封印せねばなりません。今日は、かつて登場回数の多かったそうめんが、まじめなお弁当になり得るかどうか、試してみました。

そうめんは時間通り茹で、冷水でしめたあと、ごま油で和えました。トッピングにはゴーヤキムチ。鶏ガラスープとナンプラーで作ったスープをかけつゆとして、ペットボトルに入れて別に持って行ってもらいました。おかずは大根・人参・きゅうりの細切りサラダ(ポン酢で)、ツナとのり入り卵焼き、なすとセミドライトマトの塩炒め、仕切りはいつものセロリのはっぱです。

お弁当として成立したのでしょうか。けいちゃんの感想が楽しみです。