ながいかいわ

やさいのこと、くだもののこと

ここのところのお弁当

9月6日(金)

f:id:yucca:20130906144147j:plain三重から九州に嫁いできてまっさきに直面したことのひとつは、味噌問題でした。

けいちゃんの家では味噌屋さんにお米と大豆を持って行って預け、数ヶ月後味噌になったものを返してもらっています。支払とかどうなっているのか、なぞ。美味しいしその仕組みが素敵だしで、引っ越してきてすぐにそれを分けてもらい、しばらくうきうきと過ごしていました。でも3ヶ月目のある日、とつぜん赤出し欲求が噴火したんです。これは一種のホームシックで、そんじょそこらの赤味噌ではなくて、名古屋の八丁味噌でないと駄目。近所のスーパーを何軒も探したけれど赤と書いたものしかなく、ようやく業務用食材店で、タバコの箱くらいの大きさの、それで500円もする、真っ黒な八丁味噌を見つけた時は私のソウル!と思いました。

それ以降八丁味噌も常備するようになりましたが、2種類を混ぜるとか、具や気分で使い分けるなんていう贅沢がある事を、徐々に知っていきました。おみそのかのうせい。今は旅行に行くと必ず、現地の味噌を買って帰るようにしています。

お弁当は昨日の残りの厚揚げと豆乳のシチュー。レンジでチンして食べてもらいます。京都の白い味噌と、九州の、味噌屋の味噌が入っています。あとは玄米(黒米入り)+ごま、まだ残っているマカロニサラダ、きゅうりの塩水漬け、えのきの醤油煮(いわゆる"なめたけ")。

9月5日(木)

f:id:yucca:20130906145037j:plainけいちゃんの実家の、めだかの水瓶で泳ぐかえる。

9月4日(水)

f:id:yucca:20130906144430j:plainスクランブルエッグご飯。玄米(黒米入り)の上に、塩昆布、スクランブルエッグをのせています。あとはピーマン入りマカロニサラダ、きのこマリネ、ミニトマト、人参とたらこの炒めたの。仕切りはきゅうり。