ながいかいわ

やさいのこと、くだもののこと

高野豆腐シリーズ

10月9日(水)

f:id:yucca:20131011180246j:plain前日に高野豆腐を煮ました。主にずぼらが理由ではありますが高野豆腐は一度に沢山煮ます。山盛りできたそれを、3日くらいかけてじわじわといただくのです。

だって私の冷蔵庫には高野豆腐があるじゃないか、と思いながら過ごせる3日間は、時間の波がいつもよりゆるくて安らかです。高野豆腐が取って代わってくれた時間は、爪をすみずみまで丁寧にみがきあげたりして、大切に使います。

この日のお弁当の中身は、玄米(緑米入り)、その上に小豆島の塩昆布、高野豆腐のピカタ、鮭入りポテトサラダ、人参とレーズンのマリネ、レタス、でした。そしてこの日にした事は、ガンダムを4話続けて観る、でした。

 

10月11日(木)

f:id:yucca:20131011180257j:plain玄米(緑米入り)、その上に黒ごま、のり入り出し巻き卵、高野豆腐の唐揚げ、蓮根の梅和え、きのことごぼうのマリネ、小松菜のごま和え、レタス。

いつも自分用のお弁当も一緒に作りますが、今朝は作ってから友達とランチの約束をしていた事を思い出しました。だから今もまだ冷蔵庫で眠っている私のお弁当。

ランチは野菜ソムリエを目指して一緒に勉強していた友達と、その子供の双子ちゃんとでしてきました。男の子と女の子の双子ちゃんで2歳。九州に来てから知り合った人のなかで、初めて私をゆっかちゃんと呼んでくれた3人です。双子ちゃんに前回会ったときは、まだゆっかしゃんと呼ぶ声が吐息みたいでした。今回は声になっていた。

世の中は知らない事だらけで、これなーに?これなーに?と指差して聞いてくる姿がキラキラしていました。柿の絵を見てゆっかちゃんこれなーに?と私を見上げてきたときは、床に倒れ込んで泣いてしまうかと思いました。透明すぎて。私は、双子ちゃんようこそこの世へ、と答えました。