ながいかいわ

やさいのこと、くだもののこと

水前寺菜ってなにメモ

f:id:yucca:20131019162718j:plain

せいこおばさんの庭に生えていたのでもらってきました。初めて見る野菜です。”水前寺菜”というそう。葉の表が鮮やかな緑、裏が濃い紫。熱を加えるとぬめぬめしてきて、ツルムラサキとかモロヘイヤに似たいでたちになりました。茹でると紫色の元であるところのアントシアニンという成分が、お湯に溶け出て緑色に変わります。茹で汁の方はこの世の物とは思えないくらいの紫色に。魔女のスープと呼びながら、おいしくいただきました。

調べたらキク科の野菜でした。菊の花はもちろん、ごぼう、レタスなどとも親戚。古くから栽培しているのは熊本で、商業的には金沢で加賀野菜として、”金時草(きんじそう)”という呼び名で広く栽培されているようです。まめちしきふえた。

 

*読み返したら小学生の作文みたいだったので赤面して加筆訂正しました。