ながいかいわ

やさいのこと、くだもののこと

洋風きんぴらのお弁当

f:id:yucca:20131202175950j:plain

わかめごはん、レタスと人参のサラダ、ねぎ入り出し巻き卵、大根と油揚げの洋風きんぴら、ピリ辛ケチャップウインナー。

きんぴらと言えばごぼうです。蓮根も好きですが、わが家では王道の2品目と並び、洋風きんぴらとして大根がかなり高い頻度で登場します。

調味料は普通のきんぴらと同じまま、ごぼうを大根+油揚げに、炒める油もごまなどからオリーブオイル+ニンニクにかえて、仕上げに黒胡椒をがりがりひくとやわらかい感じの洋風になります。大根のおしりから1/3くらい(いちばん辛い部分)だけが残ったら、私は必ずこれを作るんです。

オリーブオイルでしっかり炒めて、しんなりとしゃくしゃくの間にある大根がとてもいいんですが、それもかすむほど輝いているのは油揚げ。洋風きんぴらのレシピは以前たくさん調べ、その中からベーコンとアンチョビを試して美味しかったけれど、やっぱり最後は油揚げに帰ってきました。煮汁の甘辛いのやニンニクとオリーブの香り、大根から出る苦みとまあるい感じの出汁、油揚げがもともと持っている油のコクも、ぜーんぶ含んでいるんです、この油揚げは。五味のうち4つも持ち合わせていて、ちゃんと洋風にまとまる。優秀だとおもう。まだやったことない方がいたら、ぜひ試してほしいですっ。